今日は雲が多い1日でした

天気予報では、1日中晴れで真夏並みの気温になると言ってましたが、実際は雲が多くそれほど暑くなりませんでした。

午後なんかはもうどんより曇って、今にも雨が降り出しそうな感じでした。

毎度おなじみの大嘘でした。。

天気予報が当たらないことは十分認識していましたが、まさか朝のその日の天気予報が外れるのは想定外でした( ;´Д`)

ブログの更新が続かない理由

ブログの更新が続かないとか難業だという人がいます。

その駄目な人たちの共通点は、毎日0から書こうとしていることです。

彼らは毎日ブログを書かなけれならないという固定観念によって思考停止に陥っているのです。

人間の頭の働きは毎日一定ではありません。また時間帯によっても異なります。

いとも簡単に書ける日もあれば延々何も思い浮かばない日もあります。

ここで勘違いしてはならないのは、毎日書くということと毎日更新することは別物だという点です。

ブログは予約投稿や自動投稿できるわけですから、毎日苦行僧のように書かなければならない理由はありません。

人間の脳は一度活性化すると何時間もアイディアが湧き続けるという性質を持っています。

逆に一度思考停止に陥るとテコでも働かなくなるという性質を持っています。

従ってブログを効率的に運営するためには頭の働きが良いときまとめて書くことです。

最低でもタイトルと大雑把な内容をメモしておきます。

タイトルと大雑把な内容が決まっていればあとは事務的な作業なため頭の働きが悪い日でも書くことができます。

調子のいいときに数十くらいピックアップしてもおくといいでしょう。それと突然何か思い浮かんだときも必ずメモしておきます。

机に座り受験生の如く悶々としてもよほど机好きの人でない限りうまくいく道理がありません。

それが誰にでもできるならあれだけの落ちこぼれ学生が出るはずはありません。

机に座った瞬間ぴったりと思考停止するタイプの人が大部分なはずです。

よほどの変人でない限り毎日一定時間机に座り0からブログ記事を書くなど不可能と知るべきです。

次に適したスタイルで書くことです。

私のスタイルは、ベッドに寝っころがりながらスマホでたらたらと思いつきを連ね、パソコンで仕上げる方法です。

エバーノートなどクラウドでたらたら書けば自動同期されるため便利ですね。

パソコンも机に座るのは疲れるためノートパソコンをベッドやソファーに持ってきて書くことが多いです。

次に私は自宅だとどうしても思考停止しやすいため喫茶店などで書くことが多いです。

要は常識に囚われず自分に合った方法を見いだすことです。

追伸

今日は午後から梅雨の晴れ間です。

高性能PDFファイル作成フリーソフトCubePDF

PDFファイルは文書を配布したりするのに不可欠です。

PDFファイル作成ソフトはたくさんあるのですが、結構価格が高かったり一定期間だけ無料で後は有料だったり広告を掲載されたり不快なソフトが多いのが現状です。

今回紹介するソフトは、高性能でなおかつ永久無料で使え広告が入ったりすることもない優れたフリーソフトです。

CubePDFというソフトでWindows10まで対応しています。

PDFファイルにタイトルや作成者などの「文書プロパティ」や「パスワード」の設定を行う事ができます。

また、それ以外にも「Web表示用の最適化」「カラー画像のグレースケール化」「印刷やコピーの禁止設定」など様々なオプションを設定する事ができます。

もちろん、簡単お手軽にも使えます。
 

下記URLにアクセスして『無料ダウンロード』をクリックして指示に従ってダウンロード・インストールします。

⇒ http://www.cube-soft.jp/cubepdf/
 

使い方は簡単で、PDF作成ソフトというのは電子プリンターですから、ワードなどで文書を作成し、印刷する際に紙のプリンターではなくCubePDFを選択して印刷すればいいだけです。

印刷後は、どこぞに適当な名前をつけて保存すればできあがりです。

なおこういうフリーソフトは、仕様が大きく変わったり改悪される(広告を入れられるとか)、あるいは消滅する可能性もありますので、いきなり実行するのではなく、いったん実行ファイルをどこかにダウンロード保存してから実行することをおすすめします。

フリーソフト全てに言えることですね。

超久しぶりの代官山

2年ぶりくらいに代官山に来ました。

結構混雑しています。

近いわりにはあまり来ない場所です。

以前と比べて知性を感じられない姉ちゃん兄ちゃんが増えた気がしますが。。

優しい人はモテる?

女性はよく「優しい人が好き」というが実際に優しい男性がモテてるのを聞いたためしがない。

それによくよく聞いてみると、その優しさは自分に向けられた優しさで実に都合のいい優しさです。
それは優しい人とは言わない、自分を甘やかしてくれる人というご都合主義なのです。

本題に戻って、優しい男性はモテない。
モテる男性はかっこいいかお金持ちである。
優しさとは真逆のDV男もモテるのである。
DV男は自信家で、強引です。
そういう男にも女性は弱い。
これは全般的じゃないですが、だめんずに代表されるように必ずモテるんです。

優しい人は消極的で控えめ、人にはなかなか理解されないものだと思います。
恋愛って一瞬の出会いで決まることが多いのに、優しい人かどうかなどすぐにわかるはずがない。
かっこいい男やお金持ちは比較的すぐにわかります。
積極的で強引な自信家男もすぐにわかります。
DV男は強引で積極的なことが多いです。
自分に自信があるからです。
つまり女性が好む男性とは目に見えて単純なわけです。
わかりやすいです。
女性の意見を聞くといろいろ複雑なことを言ってますが、結局はシンプルな答えにたどり着きます。
男は単純といいますが、どうして女も単純なのです。
だから、わたしのようなイケてなくて、貧乏で、消極的な男は都合のいいように利用されるか、最終的には相手にされないのです。
カッコイイか金持ちか自信家か、そのいずれかなのです。
単純という言葉が全てをあらわしています。

よく女性が勘違いしてることに「モテる人は優しい」があります。
これは優しいからモテるんじゃなく、モテるから優しくなったんです。
心に余裕が出来て、優しくなったんです。
好循環の結果であって、最初から優しいわけじゃないです。
加えるならその優しさは下心の延長で非常に打算的なのです。
自己犠牲の本当の優しさじゃないのが実態だと思います。

ではなぜ女性は「優しい人が好き」という嘘をつくのか。
おそらく、こう答えておけば自分の評価が下がることがないという打算であろう。
本心では決してないのは明らかです。

集中できないそんな時は

集中力を鍛えるのではありません。
集中の阻害要因をなくすのです。

集中力が出ない原因は、あなたの能力が低いせいではありません。集中力の阻害要因が悪いのです。

集中力の阻害要因がすべてなくなれば、目の前のことに集中せざるを得なくなります。結果として、集中力が出てきます。本当に集中したいなら、集中力の阻害要因を排除することが大切です。

「大切なものだから」「私のこだわりだから」と思っても「集中力の低下」という実害が出ているなら、改善が必要です。こだわりにこだわりすぎず、あくまで集中力と生産性を優先して考えてください。

集中したいときは、あらかじめ携帯電話の電源をオフにして、邪魔が入らないようにしておきましょう。

周りが賑やかでうるさいなら、落ち着いた場所に移動しましょう。部屋に漫画や雑誌など、誘惑になるものが置いてあるなら、段ボール箱に詰めて押し入れにしまいましょう。

身の回りに注意を払い、徹底的に集中力の阻害要因を排除していってください。集中力の阻害要因を排除して、それでもまだ集中できないなら、どこかにまだ阻害要因が残っています。

表向きは美しかったりきれいだったりすると、見抜きにくいことが少なくありません。阻害要因は、大小や内容にかかわらず、しっかり取り除くことが大切です。

心を鬼にして、集中力の阻害要因をしっかり排除していきましょう。集中力の阻害要因をなくせば、わざわざ集中力を鍛えなくても、集中力を発揮できるようになります。

だんだん暑くなってくるし、ボーっとしがちなこの時期、取り敢えずこのムシムシする期間を乗り越えていきましょ♪

女性は恐ろしい

一方的な勘違いといわれたらそれまでですが、勘違いせざるを得ない女性の言動には最近では不信感すら持ってしまいます。

つい先日も仕事関係の会社の女性と少し仲良くなりました。
わたしはそこによく出入りしてるのですが、いつもファッションには一番気をつかってるので自然と覚えられたみたいです。
でも消極的なわたしから声をかけることはなく、女性からいろいろ話しかけられるようになりました。
そして、その女性から「来られたときは声かけてくださいね」と言われてうれしかったのですが、仕事の合間に会って幾度か話をしたら彼氏がいることが判明、全くのヌカ喜びになってしまいました。
気を持たせられただけでした。

女性は恐ろしいです。
男心をもてあそんで何が楽しいのか、よくわからないですが、それで自分の優位性を知りたいのでしょうか。
そう考えると残酷な生き物です。
しかし、性懲りもなくまた追いかけ、そしてまた落胆するのでしょうね。

意味不明だった女性からの高額プレゼント

恋愛観において男女では全く違うことを度々感じます。
そこを利用されたりして、ひどい目に遭ったりしました。
とは言え、恋愛がなくなれば人生は味気ないものになるし、本能的なことでもあるから、懲りずに追い求めたいです。

以前、こんなことがありました。
パソコン学校に通っていたときですが、わたしが好意をよせてる女性がいました。
パソコン学校は習い事教室って感じで、週に2、3回行ってました。
当時、彼女は学生でお金もなく、バイトをしてました。
教室で顔を合わせるうちに仲良くなり、食事したり、ドライブに行ったりするようになりました。
幾日が過ぎて、バレンタインになり、彼女からプレゼントがありました。
なんとルイヴィトンの手帳でした。

高価なプレゼントに驚きました。
以前に手帳が欲しいと言ったことも覚えてくれてました。
なにより学生だった彼女からのこのプレゼントはわたしを本気にさせました。
このまま黙っていてはいけないと思い、思い切って告白しました。
しかし、彼女の口からは友だちとしてしか付き合えないとの非情な宣告がありました。
多少の自信があったし、なによりルイヴィトンの手帳をもらったことでそれは確信に変わりつつあったんです。
でも、彼女からの答えはいわば現状維持。
わたしはかなりショックを受けました。

テニススクールに現れる劇団四季の女

今日はスクールの日だ。ポッと出でスポーツ界を騒がせた肩凝りではなくにしこりのおかげでテニススクールもスクール生が激増だ。

僕はスクールコーチではないが、県テニス協会の依頼で臨時で人助けの為週一でヘルプのコーチをしている。

OLさんも多いが主婦層も旦那の夜食を作ってお化粧たっぷりで現れる。

夜だからそこまでしなくてもいい、どうせ汗で化けの皮が剥がれるのに。

僕のスクールは上手くなるより怪我なく楽しく遊んでもらう事。

しかし、一人だけ場の雰囲気を乱す女がいる。

大して難しいボールでもなく、打ち損なってコートに倒れこんでしまうOLさん。 

皆は劇団四季の女と呼んでいる。 転んだ後、立ち上がるまでが女優のように長いのだ。

おばさん達はさっさと立ちなさいよ~と言うが、彼女はなかなか立ち上がらず余韻を残しはぶてた顔で毅然と起き上がる。

40過ぎのOLさんともあり、周りの皆はあれでは結婚できないよね~。と小言を言っているが、僕もこの歳で独身なんで頷けない。

毎週転んでくれるので、今週は転んで起き上がるまでラジカセで劇団四季の音楽をかけてみようかと思っている。

落ち着くスタンドバー

サラリーマンの頃は、会社帰りに繁華街の行きつけのスタンドバーに毎日通ったものだった。

定年後の趣味で始めたマスターが楽しい会話を毎日してくれた。

不思議に女の子も可愛くて意外性のあるお店だった。

都内に転勤になって広島に帰ってくればもうなくなっていた。

流川の繁華街で同じようなお店があればまた通ってみたいが、なかなか探せないものだと思っている。

1 2 3 4 5 21