無償の愛

無償の愛とは、よくきくけど無償は無性でもあります。

御返しの為に、親に初任給を、ご飯食べに行ったり。しました。

我が親は、ありがとう。なんて、言わなかったけど、「たまにはいい事するな」

嬉しいくせに(^∇^)

人は、いろいろ出来ると簡単な事はしなくなります。

それはお礼です。「ありがとう。ごめんなさい。」これが、言えなくなる。

無償の愛 -思いつくままに
 

人は、人に求めるけど自分に素直になると良いですね。

無償の愛は、親子や、夫婦、カップルにも、言えます。

その癖、病気なれば、堕ちたと思う。

だって、今まで出来てた事が出来ないから。

ホントは病気になったのはラッキーなんです。

だって見えるから。

これを徳か損かは、その人次第でもあります。

体は、正直です。どうするかは、本人次第。

無償の愛を消すことも愛されてないと嘆くことも今なんですよ?

私は良い人間ではないので、これが最期です。

愛されてる事もわすれ自分だけ戦ってる

私だってしんどい!俺だってしんどいわ。

まず。相手を思う事。

人は、人徳にかけ、仕事はできても、こどもはほったらかしです。

みんな、仕事はします。子供に話してください。

寂しくないよい様に。大人は何故?仕事するの!?

親しか答えれない。何かある。
 

★頭の良し悪し=人生の良し悪しと思って間違いありません。
誰でもできる頭が良くなる9つの方法

頭の悪い人は何をやっても成功しませんし、他人の足手まといになり邪魔者扱いされ不幸な人生を送らなければならないことは確実です。

終わったことは戻らない

終わったことは戻らない -思いつくままに

終わったことは戻らない。
 
人間の寿命 体調って、神様にもわからないと思う

マイペース?

そんなもの日々変わる

すべては偶然の産物?

でも、やはり持って生まれた運かなとも

前にも書いてけど、水は岩をも砕く

力を抜いて、体と相談して、食事を少なめに

自分は1日3食です。
 

★前世占いは前世を知る有力な方法
前世占いは前世を知る有力な方法のひとつ

前世がなぜ重要なのかというと、今生におけるあらゆる運不運は前世からの影響による場合が多いためです。例えば、あなたが今災難続きであれば前世に起因している可能性が高いです。

オーラでわかる異性運

オーラでわかる異性運 -思いつくままに

オーラとは雰囲気とか発散するものという意味ですが、オーラによって女性運がわかります。

つまり、それなりの雰囲気の男性はモテるわけです。

オーラが強いとは、発散するオーラが強いということで、つまり女性を惹き付けやすいわけです。
 

逆にオーラが少ないと惹き付けるどころか印象も薄く女運は悪くなります。

出会い系サイトなどの実際に会うことがないところでも、やはりオーラが決め手になります。

なぜならば、オーラは時空間を超越するためです。

つまり、テクニックとかよりオーラが大切です。
 

具体的なオーラ強化方法については、また後日お伝えします。

とりあえず、オーラが重要なことを知っておいてください。

 

★YYCは優良出会い系サイトです。
YYC辛口レビュー

YYCは古くから運営されているサイトのためそれなりに優良会員をたくさん抱えているサイトです。

ライブチャットの女

だんだん本格的に暑くなってきましたね。

何でも、東京は27℃にるそうですね。

もう直ぐ夏ですね、今年は猛暑にならないことを期待してます。その前に梅雨ですか?
 

ところで、先週あるライブチャットで知り合った女がソウルメイトっぽかったです。

ライブチャットの女 -思いつくままに
 

まあ、ライブチャットですから、キャラなどは、相当捏造しているはずで、実際のところどうなのかわかりませんが、なんとなく直感的にはソウルメイトかなって感じの女でした。

まだ、先週の話で1回だけなので、今週あたりもう1回チャットしてみようかと考えています。

また、今回感触がよければ数ヶ月くらいかけて、彼女がソウルメイトかどうか判断したいと考えます。
 

最終的には夢診断なども加味して判定したと思います。

まあ、実際はソウルメイトはどこにいるかわかりませんから、根気強く探すことが大切ですよね。

根気強さがソウルメイトと出逢う秘訣ですね。

広大なはずのネット空間で奇跡の再会

何年か前に、出会いネットという若干マイナーな出会い系サイトである女と出会いました。

32歳とかいってましたね。。

何回かお会いしてお話したのですが、大した進展はなくいつしか立ち消えになってしまいました。

1日7回のメールが→5回→4回→3回→0回というふにジリ貧となり、気づいたら消滅してたって感じです。

恋心があったわけではありませんが、最悪付き合ってもいいかなって感じの女でした。
 

今年に入ってのこと、GREEというゲームサイトでその女らしいのと再会していまいました。ゲームサイトというのは名ばかりで・・(以下略)

ぼくのレストラン2というゲームで知り合いました。

ぼくレスアプリキャプチャー -思いつくままに
 

細かい経緯は省略させていただきますが、現在チャットでメール交換中です。多分、あの女に間違いないと思われます。

ちなみに、向こうはまだことらのことに気づいていないようです。確かめてみるべきか否か思案中です。
 

ただ、ネットという広大な空間で偶然再会となると、もしかして運命的な女性かも知れません。

ですが、それほどピンとくるものがなかったことと、それほど大した女ではなかったことを考え合わせる単なる偶然の一致かも知れません。

ちょっと、疲れた疲労感ありありの目じりが印象に残っています。もしかして、人生に疲れているのかも知れません。

って大きなお世話ですかね??

管理人は良く一言多いといわれます。。

広大なはずのネット空間で奇跡の再会 -思いつくままに

過去3回も遇会した運命的な女

今から5年ほど前ですか、私はインターネットである女性と出会いました。

ちなみに、私はインターネットで知り合った人と良く会いますが女性のみです。

男性と会うことはまずありません。もちろん何かしら意味があれば会いますが、ほとんど意味がないケースが多いですね。

ちなみに意味とは何かしらの利益があるということです。誤解しないで欲しいのは利益とは金銭など物質的なものだけではないということです。

なぜなのか?

特別な理由はありません。私の無意識的行動がそのように導いているのでしょう。
 

話を戻しますが、その女性とはあるサイトで出会ったのですが、年末の寒いある日、某所で対面しました。北風吹き荒れる寒さでした。

どこかで会ったことがあるなと感じましたが、定かではありません。やはりどう考えもいつかどこかで会った気が強まってなりません。

運命的な女のイメージ -思いつくままに
 

その後、何回かデートして別れました。自然消滅と言った方がいいかもしれません。

1年後、某所で彼女と偶会しました。

そして、またデートが始まりました。またまた、何回かのデートで別れました。

運命的な女と遇会した都内某所 -思いつくままに
 

昨年のこと、またまた彼女と某所で偶会しました。

非常に運命的な女で気がかりです。ううーーん。。

しかし、その後は会っていません。
何となくやる気がないメールがたまに来ます。

ヤル気のないメール -思いつくままに

晩年あるいは死ぬ間際にわかる運命の人

今日の日中、池袋に所要があって行ってきたのですが、結構寒かったですね。

2016年2月8日池袋北口 -思いつくままに
 

往々にして運命はかなり後になってみないとわからないものです。人と人との出会いも然りです。

自分が長く関わってきた人が運命の人なのか否かは直ぐにわかるとは限りません。むしろ、なかなかわからない方が多いかも知れません。

ですが、運命の人は予め付き合うことが定められているため、気づかなくても問題ありません。

以前に、運命の人とは空気みたいな人だと申し上げましたが、あまり一緒にいて意識しないで済むのが運命の人です。そのため、わざわざ運命の人か否か考える必要性は薄いのです。

場合によっては、結婚して晩年になり、運命の人だったとわかる場合もあります。また、晩年になってもわからない場合もあります。死ぬ直前になって初めてわかる場合もあります。

ですが、それはそれで構わないわけです。

運命の人か否か知る必要性がある理由の1つが、気づかないと他の異性と浮気してしまうことがあることです。ですが、運命の人は巡り廻って必ず再会する運命にあるため、それほど気にする必要はありません。

死ぬ間際にわかる運命の人1 -思いつくままに

死ぬ間際にわかる運命の人2 -思いつくままに

運命の人と出会えないある男性の嘆き

僕は、未だに運命の人と出会えてません。

しばらく前に運命の人に近い女性と出会いましたが、その後会うことはありませんでした。

なぜなのか理由は良くわかりません。
 

その代わりと言っては何ですが、今までに人より余計に女性との出会いが有りました。

そういう意味では、運命の人との出会いがないことは必ずしも悲しむべきことではないかも知れません。

僕の運命の人はきっと優しく思いやりがあり家庭的な人なんだと思います。決してSNSでちゃらちゃらする自意識過剰なメンヘルではないと思います。

ある男性が好む女性 -思いつくままに
 

一番、悲惨な人は、運命の人との出会いもなければ異性との出会いそのものが全然ない人かも知れません。

そういう人は、どこかに問題があるのかも知れません。いやきっと大きな問題があるのでしょう。

失恋をめそめそ引きずっていたりですね。とにかく過去ばかり見るタイプなのでしょう。過去を見る人に決して幸運が訪れることはないのです。

過去を引きずる男 -思いつくままに
 

いずれにしても、運命の人といつ会えるか会えないかわかりません。

ですが、いつかきっと運命の人と出会うんだと思います。あるいは見逃したのかもしれませんし選り好みし過ぎたのかもしれません。
 

万一、生きているうちに出会いがないなら死後の世界で出会うんだと思います。

そのため、どうかほっておいてください。

ちなみに、昨日ですか、とある出会い系サイトで46才という女性からメールが来ましたが多分運命の人ではないと思われます。

どうかほっておいてください。間に合ってますから。。
 

★管理人注釈
ま、人生いろいろですな。。

今日はココで昼飯食いました。↓↓

中華そば『いちばんや』@自由ヶ丘 -思いつくままに

男女はいつか必ず別れる運命にある

私が遥か昔、まだ20才と若かった頃1人の女性と出会いました。

当時私は大学生で某所でアルバイトをしていてそこで彼女と出会いました。

数回のデートでエッチして、その後も週数回デートしてました。

ある日のこと、突然彼女から別れ話を告げられました。理由は今でも全然わかりません。

学生時代の恋人のイメージ -思いつくままに
 

その時、私は彼女を運命の人だと思っていたのですがどうやら違っていたようです。

別れたあと、何年かして彼女と偶会しました。偶会するということは、やはり運命の人かと淡い期待を抱きましたが、その後会うことはありませんでした。
 

運命の人と出会ったら永遠に付き合うとは限りません。と言うよりも、永遠に付き合うことはまずあり得ません。

多くの人がここのところを勘違いしています。一度運命の人と出会えば自動的に生涯をともにできると思っている人が大部分です。

もちろん、運命の人との関係維持のための努力不足によって別れることもあるのですが、そうなる運命にある場合もあります。

つまり、運命の人と言うからには、あらかじめどうなるかが定められているわけです。その定めの一つが別れるということです。
 

またあるいは、出会いが定められた運命の人であっても、寿命が同じわけではありません。

寿命が同じでないということは、いつか必ず別れの日が来るわけです。

いずれにしても、運命の人との出会いは刹那的であるため、一瞬一瞬を大切にすることが肝要だと思います。

運命の人に限らず、この【地上】には永続などというものは存在していないのです。

【地上】には永続などというものは存在していない -思いつくままに