友だちの条件

友だちは大切ですか?
わたしは仕事も趣味もひとりでやってきましたし、一番苦しかったときもひとりで乗り越えました。
厳密にいうと親の支えがありましたが、他人には何の助けも影響もなかった人生です。
だから他人といる時間というのが無駄に思えて仕方ないです。
店で常連客と話してるときも苦痛以外のなにものでもないです。
苦痛で無駄な時間ですが、仕事だからと自分に言い聞かせ耐えてます。

しかし、ときに孤独が痛苦になったりします。
また、なんとなく誰かと飲みに行きたくなったりもします。
そんなとき、友だちがいるといいかもと思います。
所詮、自分はちっぽけなひとりに過ぎないのです。

友だちを作る場合、基準となるのが自分です。
自分を中心に考えて、それに見合うかどうか価値判断します。

ちなみに友だちとは同性間のフランクな人間関係意味し、異性間における友人関係は恋愛感情がまずありきなので、最初からの異性の友だちなどは生理学的にあり得ないと考えます。

さて、友だち作りですが、まず収入や資産などが自分以下の人はその人の人生を疑います。
わたしは至極まっとうに普通に生きてきたつもりです。
むしろ出費は人より多いから、普通の人はわたしより多く蓄えがあるはずです。

だから普通に生活していれば、わたし以上の経済力はあるはずです。
なのに、わたしより低い生活水準を理由なく送ってる人は不真面目かテキトーに生きてきたからそうなったと考えて、友だちには不適格です。
普通に学校を卒業して、仕事に就き暮らしていれば、決してサラ金などから借金したり、生活保護を受けたりしません。

趣味がない人も論外です。
そんなつまらない人と一緒にいても何のリスペクトもないから、まさに時間の無駄です。
ギャンブルが趣味という人も話にならないです。

次に性格的なところで合うかどうか。
社会生活不適合者はわたしには合いません。
人の迷惑をかえりみない人や人を不愉快にさせる人など、他人のことを考えない人は話すだけでストレスです。

身なりも大事です。

洋服や身なりに無頓着な人は他人への配慮に欠けるし、汚い人は不快になります。
臭いは自分では気付かないかも知れないですが、だからこそ常日頃からケアしないといけないです。

これらに照らし合わせて、考えると日本において友だちにしたい人などほとんどいません。
だからひとりで行動する方がいいという結論に達します。
実際、価値ある人や影響を受ける人なんて滅多といませんから。
今までも自分で開拓してきた人生だから、これからも自分で可能な限りやるしかないと思います。

とはいえ、そんなことを深く考えていては人間関係は成立しません。
だから直感的な部分であったり、何も考えずに付き合いをしていく場合もありますが、それは20代まででした。
今は自分を最優先に考えてしまうので、少しでも疑いや不快な部分があると次に会う機会はありません。

趣味や価値観において合う人はわたしには稀有な存在です。
アート鑑賞で芸術に精通し、海外旅行を余暇の楽しみとし、定期的にジムでカラダを鍛え、ファッションにもこだわりを持ち、太宰治を愛す、そんな人を探してますがもちろんいません。
あくまで理想にすぎませんが、自分を基準にする以上はこういう人を友に持つと楽しいと考えます。

みなさんには友だち基準はありますか?
ないなら、わたしは作るべきと思います。
つまらない人との付き合いで大切で短い人生を浪費しないためにも必要な線引きです。

残暑復活の2019年9月の末日

今年は例年と違って、夏が終わると残暑なしで秋になり涼しい日が続いてました。もうあり得ないくらい涼しい日が続き、いよいよ明後日が10月です。

10月というのは、衣替えの季節で例年でも残暑がなくなる頃です。ところが、ところが、ところが!

本日、残暑が復活してしまいました。街中もいかにも夏ってな感じに逆戻りです。

あり得ません。まあ、寒さもあまり好きではありませんが、暑いのは非常に苦手です。

んで、今気温を調べたら、なんと27℃もあります。完全に夏に逆戻りです。

んで、さっき掲示板を見ていたら閑散としていました。やはり、厚いと出会いには不熱心になる人が多いのでしょう。

ところで、暑さのですが月曜日がどうも苦手です。何となくパッとしないですよね。

んで、今週の週間天気を見たらしばらく暑い日が続くようです。

富士山の注意点

先日富士山に行ってきたのですが…

まず日焼けがすごい。。
日焼け止めは塗ってたのに腕と首と顔が真っ赤ですよ。
日常生活でふと何かに触れた時に鈍痛が走ります…

なのでこれから富士山に行く人は日焼け対策に長袖で行ったほうがよさそうです。。
でも登ってたら暑くなってくるので薄い長袖が良さそうです。

あと僕はサングラスしてたので大丈夫でしたが、もちろん目も日焼けします。
目の日焼けは辛いので対策をしておきましょう。

あと割と高山植物に群がるハエが多いです。
山頂でもブンブン飛んでます。
しかも蜂とかアブとかも普通にいるので刺されるかも…
虫除け対策は快適に登るにはいるかもです。

まああとは気にならない人はいいんですけど、靴と靴下の中にとんでもない量の砂と小石が入ります。
長めの靴下やトレッキングシューズを履いて行くなどすると良いと思います。

台風が接近中

何でも明日関東直撃の噂もありますが、進路予想を見ると若干逸れそうにも見えます。

昨日から涼しくその点は助かってます。逸れてくれることを願っています。

集中できないそんな時は

集中力を鍛えるのではありません。
集中の阻害要因をなくすのです。

集中力が出ない原因は、あなたの能力が低いせいではありません。集中力の阻害要因が悪いのです。

集中力の阻害要因がすべてなくなれば、目の前のことに集中せざるを得なくなります。結果として、集中力が出てきます。本当に集中したいなら、集中力の阻害要因を排除することが大切です。

「大切なものだから」「私のこだわりだから」と思っても「集中力の低下」という実害が出ているなら、改善が必要です。こだわりにこだわりすぎず、あくまで集中力と生産性を優先して考えてください。

集中したいときは、あらかじめ携帯電話の電源をオフにして、邪魔が入らないようにしておきましょう。

周りが賑やかでうるさいなら、落ち着いた場所に移動しましょう。部屋に漫画や雑誌など、誘惑になるものが置いてあるなら、段ボール箱に詰めて押し入れにしまいましょう。

身の回りに注意を払い、徹底的に集中力の阻害要因を排除していってください。集中力の阻害要因を排除して、それでもまだ集中できないなら、どこかにまだ阻害要因が残っています。

表向きは美しかったりきれいだったりすると、見抜きにくいことが少なくありません。阻害要因は、大小や内容にかかわらず、しっかり取り除くことが大切です。

心を鬼にして、集中力の阻害要因をしっかり排除していきましょう。集中力の阻害要因をなくせば、わざわざ集中力を鍛えなくても、集中力を発揮できるようになります。

だんだん暑くなってくるし、ボーっとしがちなこの時期、取り敢えずこのムシムシする期間を乗り越えていきましょ♪

ホモ・サピエンスの先祖

サピエンスとネアンデルタール人の関係に関する最新情報がNHKスペシャルで放送されております。

昔、高校生だった頃、歴史の授業で人類の発達について幾ばくかの知識を教え込まれたことを思い出しました。
確かにホモ・サピエンス以前にヨーロッパでネアンデルタール人が繁栄していたと習いました。
当時の疑問として、ネアンデルタール人はホモ・サピエンスの先祖なのか傍流なのかということでした。
しばらくして、傍流であることがわかりましたが、逆にネアンデルタール人とホモ・サピエンスが共存したということは無かったのだろうかという疑問が湧いてきました。

その事については、時おり気になりながらも、しばらく頭のすみに留まることになりました。
積極的に調べることもせずに、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの交雑種は存在しなかったのだろうかという疑問にも発展させておりました。
もし、交雑種が現在も生存していたとしたら、どんな人種になっているのだろうと想像したりもしました。

ネアンデルタール人とホモ・サピエンスとは、犬に例えると、土佐犬とシェパードのように犬種の違いのような関係だと思われます。
犬には異なる犬種同士の交雑種が存在するように、ネアンデルタールとホモ・サピエンスの交雑種が存在しても不思議ではありません。

番組ではその回答が放送されています。
我々、現代のホモ・サピエンス(アフリカ人以外)の遺伝子の中に1.8%から2.8%の割合でネアンデルタール人の遺伝子が存在するとのこと。

やっとこれまで漠然と疑問に思っていたことがスッキリした感じですが、交雑種が誕生したときは、どんな場面だったのだろうか想像してしまいます。
意思疏通が思うようにできない種の間では、どんなやり取りをしてセックスしたのだろうかと疑問が湧いてきます。
番組では迷子になったネアンデルタール人の女の子がホモ・サピエンスの家族に育てられ成人しホモ・サピエンスの男との間に交雑種の子供が誕生するという穏やかな場面が想定されておりましたが、実際にはそれだけだったのだろうかということも気になります。

ただ、ネアンデルタール人も含めて人類最初の争うというのは、ホモ・サピエンス同士のものしか発見されていないというので、ネアンデルタール人がホモ・サピエンスを襲撃したとか、あるいはその逆の襲撃というのはなかったのかもしれません。
また、番組によるとネアンデルタール人は家族単位で生活することが多く、集団や社会を構成することがなかったと論じています。
そのために気候変動で食料不足に陥ったとき集団で解決することができずに絶滅したのではないかと結論付けています。

今日横浜に行きました

今日、仕事で横浜に行きました。

近い割りにはあまり来ない場所です。

約1年ぶりですか?

あまり変わり映えしませんでした。

よく知らないというのも、あまり来ない要因です。

店とか多すぎてよくわからないんですよね。。

まあ、当分来ることはないでしょう。

GREE -日記や一言などコメント機能の欠点

GREEにログインが減ったと書きましたが最近また増えました。私はとても気まぐれなのです。

GREEアプリTOP -思いつくままに
 

GREEに日記だとか一言だとかあってそれぞれにコメントが入れられるようになってます。フォトなどにもコメントできます。

しかも、こちらがコメントすれば相手に通知が行きます。そのためタイムリーにコメント欄でチャット形式にやり取りが可能です。

 
▼これはかなり昔のGREE日記ですね。。
GREE日記 -思いつくままに
 

▼これはハコニワ写真へのコメントですか。
GREEハコニワ写真 -思いつくままに
 

が、が、がしかし!やり取りしたくない相手から再コメントとかほんと迷惑ですよね(;´Д`)

好む相手だけとやり取りするぶんにはいいのですが、好まない相手はほんと疲れます。

んで、ここが最大の問題点なのですが、GREEのコメントはその日記や一言にコメントした全員に通知が行ってしまうということです。

そのため、複数人からコメントが入っている場合、特定の人間とだけやり取りすると延々と他人のとこにも通知が出てしまうわけです。

これはうざいですね。

ところで今ハコニワでオーロライベントが開催されてますね。

GREEハコニワオーロライベント -思いつくままに

マンネリ化した日常生活からの脱却しよう

本日雪予報が出て寒い東京です。現在はまだ降ってませんが、どんより曇って怪しい天気です。

ただ、今競馬中継を聞いていたら、中山競馬場では既に雪が舞ってるそうです。管理人の住居の目黒区も間もなくかも知れません。どんより曇り相当もう怪しいですね。

小雪が怪しい東京曇り空 -思いつくままに
 

現在、幸運とは言えない人は、日常生活がワンパターンでマンネリ化していないか考えてみた方がいいでしょう。

幸運は、必死になって探し回らなくても自然に成されるものです。

自然になされるのもが何もないということは、阻害要因があるということなのです。阻害要因とは心の中にあり外には全然ありません。
 

つまり、全然不幸だということは、幸運を惹き付けられる環境にはないと考えた方がいいでしょう。心は環境によって作られます。

生活がマンネリ化し、ワンパターンになってしまうと無意識の働きが低下してしまいます。

そのため、いつまでも経っても幸福になることができないわけです。
 

なので、何か新しいことをやってみるとか、新しい環境になるように考えるべきです。

そして、毎日1人でも多くの人と出逢うための努力をするべきです。そうすれば、近い将来必ず幸運に恵まれるはずです。

幸運幸福 -思いつくままに

1 2