占いの悪用

物事には裏表がありますが、占いにも裏表、白黒があります。

対人関係の占いで、よくこの日があなたにとってベストですよっていうじゃないですか。告白したりするのにいいですよって。

つまりあなたの運気がいい日だということなのですが、相手にとっていい日かどうかってあんまり語られないですよね?

でも対人関係の場合、自分の運気がいい日を選ぶより、相手の運気の悪い日を狙ったほうが上手くいくことが多いんですよ。特にビジネスでは。

占いって結構思い切り悪用できます。結構やばいのです。

今、私はこの占いの悪用法についてのレポートをまとめています。いずれ公開したいと思います。

特に下記リンクの一番下にある奇門遁甲という東洋の占いには、方位を使って相手を殺害する秘術があります。

↓よろしく♪
占いとおまじないのサイト

西洋占いと占いの意義

西洋の3大占い

占星術
カバラ数秘術
タロット
はどんなことでも正確無比に占うことが出来ます。

例えば

事物の行く末

あの人との未来

進むべき道

あるいは死亡する時期…

その他も現在過去未来の全てのことが分かります。

未来は変えることが出来ますが、それは未来に何が起きるかあらかじめ分からなければ変えられません。

だから未来のことを占う意味があるのです。

↓よろしく♪
奇門遁甲

占いと魔術

占いと魔術は密接不可分な関係にあります。

なぜかと言いますと占いは未来にどうなり、どんなことが起こるのかを予測するものです。

例えばあなたが片思いの人と将来どうなるかを占ってみてよい結果が出れば魔術をやる必要はないわけです。

占った結果が悪かった場合のみ片思い思いが実る魔術などを行うことになります。

また『この魔術が成功するか?』を占うこともできます。

結果が悪ければ魔術は上手くいきませんからしばらく様子をみることが懸命なのです。

このように占いと魔術は切り離すことが出来ないのです。

↓よろしく♪
占いとおまじないのサイト
復活愛への希望
奇門遁甲

占い

 以前より占いや魔術が好きで、本を読んで研究したり、色々と実験したりしてますが
それだけでは収まらず、サイトなども複数運営しています。
占いも妄信すると、行動が著しく制約を受け、かえって害になりますので、上手く折り合いをつけることが大切だと思いますね。
占いの種類は、西洋も東洋もやりますが、どちらかというと西洋のものが好きですね。
占星術やタロットなどですね。
個人的には東洋の占いのほうが的中率が高い気がしますが、東洋のものは宿命感が少し強く融通が利かない気がします。
ホームページはリンク集に一部掲載していますので、興味のある方は見てください。