優しい人はモテる?

女性はよく「優しい人が好き」というが実際に優しい男性がモテてるのを聞いたためしがない。

それによくよく聞いてみると、その優しさは自分に向けられた優しさで実に都合のいい優しさです。
それは優しい人とは言わない、自分を甘やかしてくれる人というご都合主義なのです。

本題に戻って、優しい男性はモテない。
モテる男性はかっこいいかお金持ちである。
優しさとは真逆のDV男もモテるのである。
DV男は自信家で、強引です。
そういう男にも女性は弱い。
これは全般的じゃないですが、だめんずに代表されるように必ずモテるんです。

優しい人は消極的で控えめ、人にはなかなか理解されないものだと思います。
恋愛って一瞬の出会いで決まることが多いのに、優しい人かどうかなどすぐにわかるはずがない。
かっこいい男やお金持ちは比較的すぐにわかります。
積極的で強引な自信家男もすぐにわかります。
DV男は強引で積極的なことが多いです。
自分に自信があるからです。
つまり女性が好む男性とは目に見えて単純なわけです。
わかりやすいです。
女性の意見を聞くといろいろ複雑なことを言ってますが、結局はシンプルな答えにたどり着きます。
男は単純といいますが、どうして女も単純なのです。
だから、わたしのようなイケてなくて、貧乏で、消極的な男は都合のいいように利用されるか、最終的には相手にされないのです。
カッコイイか金持ちか自信家か、そのいずれかなのです。
単純という言葉が全てをあらわしています。

よく女性が勘違いしてることに「モテる人は優しい」があります。
これは優しいからモテるんじゃなく、モテるから優しくなったんです。
心に余裕が出来て、優しくなったんです。
好循環の結果であって、最初から優しいわけじゃないです。
加えるならその優しさは下心の延長で非常に打算的なのです。
自己犠牲の本当の優しさじゃないのが実態だと思います。

ではなぜ女性は「優しい人が好き」という嘘をつくのか。
おそらく、こう答えておけば自分の評価が下がることがないという打算であろう。
本心では決してないのは明らかです。