集中できないそんな時は

集中力を鍛えるのではありません。
集中の阻害要因をなくすのです。

集中力が出ない原因は、あなたの能力が低いせいではありません。集中力の阻害要因が悪いのです。

集中力の阻害要因がすべてなくなれば、目の前のことに集中せざるを得なくなります。結果として、集中力が出てきます。本当に集中したいなら、集中力の阻害要因を排除することが大切です。

「大切なものだから」「私のこだわりだから」と思っても「集中力の低下」という実害が出ているなら、改善が必要です。こだわりにこだわりすぎず、あくまで集中力と生産性を優先して考えてください。

集中したいときは、あらかじめ携帯電話の電源をオフにして、邪魔が入らないようにしておきましょう。

周りが賑やかでうるさいなら、落ち着いた場所に移動しましょう。部屋に漫画や雑誌など、誘惑になるものが置いてあるなら、段ボール箱に詰めて押し入れにしまいましょう。

身の回りに注意を払い、徹底的に集中力の阻害要因を排除していってください。集中力の阻害要因を排除して、それでもまだ集中できないなら、どこかにまだ阻害要因が残っています。

表向きは美しかったりきれいだったりすると、見抜きにくいことが少なくありません。阻害要因は、大小や内容にかかわらず、しっかり取り除くことが大切です。

心を鬼にして、集中力の阻害要因をしっかり排除していきましょう。集中力の阻害要因をなくせば、わざわざ集中力を鍛えなくても、集中力を発揮できるようになります。

だんだん暑くなってくるし、ボーっとしがちなこの時期、取り敢えずこのムシムシする期間を乗り越えていきましょ♪