自動車保険

10年近く乗っていていて、もし事故って全損の査定になったら価値0なんだろうなと思う訳です。
一応、自分の車両保険の査定は60万ではありますが、…。
たとえ相手が10割責任だとしても、私の車の修理代はほとんどもらえないと思います。
まだ、乗れている車なので、ある日突然全く無くなって新車を購入しなくてはならないというのは、酷な話しです。

しかし、世の中の会計の仕組みはそうなっていて、保険の保障額もそれに従っている訳です。
車も使っていれば価値が減っていき何れは0になる(正確には残存価格が残りますが、車の場合鉄くず代みたいなものでしょう)。
減価償却の原理です。

つまり、新車を購入した時から、次の新車のために毎月積立をしないと交通手段を維持できないということになります。
全損査定された時、査定額+積立金で新車を購入するというモデルが今の自動車保険の仕組みです。

元に戻って、その被害者の日記主さんは、何で修理代60万全額払ってくれないんだと相手の保険会社に憤慨しているようですが、上に述べたような仕組みになっているので、支払ってもらえる金額は減価償却後の査定額分が限度という話になっていると推測します。
修理代の不足分は自分の保険会社の車両保険を使うしかありません。
車両保険って高いですから入っていなかったんですかね。
保険会社の担当窓口の人柄や当事者の気持ちの高ぶりとかもあって、相手を罵倒するだけで事態を複雑化させているようです。
新車購入の費用がないので修理を選択したようですが、使用年数が大部経過してしまった全損車の修理というのは考え直した方が良いと思います。
といっても、修理を始めているような口ぶりなので手遅れですが、…。

憤慨する気持ちはわかります。
自分は何も悪くないのに、突然交通手段を奪われて、怪我までして、…、踏んだり蹴ったりですから、…。

もし仮にこれが加害者側だったら、どうなんでしょう。
ある日突然自分が加害者になるかもしれません。
加害者側ですから責任を感じて過剰な部分の減額要求なんてできませんが、保険会社という第三者を通せば、その保険会社が減額要求をするはずです。

世の中、他者との関係性で成り立っていますから、自我を通すだけでは不要な摩擦を生むだけです。
冷静になってお金の算段をじっくり考えた方が良いと思います。
無関係な私だからお気軽に勝手なことをいうように思われるかもしれませんが、…。
私もこれから車で出かけなければならないので、決して人事ではありませんとだけ付け加えておきます。