倫理観について考察してみる

倫理には「自分にして欲しくないことは他人にしない」という原理的な考え方がある。
「自分にして欲しくないこと」というのは、万人に共通する事柄もあれば、個々人で少しずつ考え方が異なる事柄もある。
万人に共通する事柄としては、殺される、傷つけられる、財産を盗られる、騙される等々が思い付く。
これらに関する倫理は法律として禁止され罰則が設けられている。

個人毎に少しずつ異なる事柄は様々なことがあると思う。
そして、この事柄に関しては建前と本音に乖離がある人もいる。
例えば、建前は「淫らなことはして欲しくない」と公言していても、本音では「淫らなことをして欲しい」と思ている人もいる。
つまり、建前では紳士淑女として振る舞うことが倫理的と考えられ、本音ではそうではないという、二条構造を持つ倫理観もある。

さらに「して欲しくないこと」には性差がある。
女性は「犯されたくない」と考えるが、ほとんどの男は「犯される」という状況の現実感がないため、その被害の大きさを想像するしかない。
どれだけ詳細に想像することが出きるかが、それに関する倫理観の現実味に寄与すると思う。

不倫や浮気について考えてみる。
多くの男女は「不倫されたくない」、「浮気されたくない」と考える。
それゆえに、普通は不倫しないし浮気もしないという倫理観を持つと思う。
しかし、これに建前と本音を設定する人が少なからずいる。
建前では不倫はダメ、浮気もダメと公言するものの、本音では不倫したいし浮気もしたいと考える人々がいる。

さらに、不倫や浮気を許容する人もいる。
許容する代わりに自分も自由に浮気や不倫をするという価値観を持つ人がいる。
このような人は人生において特定の人との恋愛や結婚に対して価値を見いだしていないのかもしれない。

このように不倫や浮気に対する考え方や、夫婦関係・恋愛関係に対する価値観のレベルが合っていないと、すれ違いが生じやすい。
ただ、価値観は時とともに変化することがある。
レベル合わせができていたからといって、将来に渡ってレベルが維持されるという保証ははない。

自己の欲望を優先するのか倫理を優先するのかという選択が迫られる。
倫理を捨て欲望を優先するのであれば、相手が「して欲しくなかった」ことをしてしまったことに対する責任を負わねばならない。
責任を負わずして倫理を捨てることはできない。
不倫とは倫理観を捨てること意味するのであるから、初めから責任が問われるのは当たり前のことである。

しかし、人生というものは時として倫理を振りかざす意味がない場合がある。
人は自分らしさを希求して生きる権利がある。
ただ、倫理観を捨てるのであるから責任は問われることの覚悟が必要ではある。