無限の宇宙の力を流入させる

本来、宇宙の力(神の力)は自動的に無限で無制限に流入してくるのもなのですが、染みついた自己中心性および自己他者を処罰する感情によって堰き止められてしまうのです。

無限の宇宙の力を流入させる -思いつくままに

黄金の夜明け会の第四講義文書に次のような記述があります。

他人の罪を早急に咎めるなかれ。汝もその立場に立てば誘惑に屈しないと誰が言えようか?たとえ屈しないとしても、汝より弱い者を軽蔑するのは正しいことか?

また、第五講義文書に次のような記述があります。

他人に干渉する以前に我が身を正すべし。

馬鹿な政治屋に聞かせてやりたいセリフですね(;´Д`)

道徳論としてではなく、他人を処罰することで魔術の力が殺されてしまうことを戒めているのです。自慢げに他人に説教を垂れるような愚行を今すぐやめなくてはなりません。
 

以下は、Jマーフィーの努力嫌いの成功法からの宇宙の無限の力についての記述の抜粋です。

★潜在意識に触れることは高圧線に触れるようなものです。結果はそれに続きます。

★それを当然として振る舞うと、その『フリ 』がいつか現実になる。それが当然という態度をとることが事実となって固まっていき、空間のスクリーンの上に現実化されることになるのです。

★全能の生ける精霊である神は、あなたの中に住んでおり、あなたの中で話し、歩いているのです。あなたは神の発電所の発電機であり、自分は正しい考え、正しい感情、正しい心構えを当然持っているののだという態度をとることによって、その隠された力を解放することができるのです。

★『私は神のエネルギーと知恵に満たされています。それはいまや、私の動脈を通って流れれています。』と大胆に断言することによって、このエネルギーを血管にみなぎらせることです。これを続けていれば、やがてあなたは、健康、富、活力へとダイナミックに動いていくはずです。

★聖書の『エゼキエル書』の『これは祝福の雨となる』というくだりを読むといい。また、それを自分の心のなかに秘めておいて、心の耳でそれを聞くべきです。そうすると、それがやがて自分の潜在意識にしみこみ、そのエネルギーを解放することになるのです。