男女はいつか必ず別れる運命にある

私が遥か昔、まだ20才と若かった頃1人の女性と出会いました。

当時私は大学生で某所でアルバイトをしていてそこで彼女と出会いました。

数回のデートでエッチして、その後も週数回デートしてました。

ある日のこと、突然彼女から別れ話を告げられました。理由は今でも全然わかりません。

学生時代の恋人のイメージ -思いつくままに
 

その時、私は彼女を運命の人だと思っていたのですがどうやら違っていたようです。

別れたあと、何年かして彼女と偶会しました。偶会するということは、やはり運命の人かと淡い期待を抱きましたが、その後会うことはありませんでした。
 

運命の人と出会ったら永遠に付き合うとは限りません。と言うよりも、永遠に付き合うことはまずあり得ません。

多くの人がここのところを勘違いしています。一度運命の人と出会えば自動的に生涯をともにできると思っている人が大部分です。

もちろん、運命の人との関係維持のための努力不足によって別れることもあるのですが、そうなる運命にある場合もあります。

つまり、運命の人と言うからには、あらかじめどうなるかが定められているわけです。その定めの一つが別れるということです。
 

またあるいは、出会いが定められた運命の人であっても、寿命が同じわけではありません。

寿命が同じでないということは、いつか必ず別れの日が来るわけです。

いずれにしても、運命の人との出会いは刹那的であるため、一瞬一瞬を大切にすることが肝要だと思います。

運命の人に限らず、この【地上】には永続などというものは存在していないのです。

【地上】には永続などというものは存在していない -思いつくままに